top of page

あなたのその行動が白髪を増やす!?白髪になる原因は?/カリスマhiroの『美髪塾』#6


こんにちは。agelessのhiroです!

毎週金曜日に皆様の髪のお悩みやお得情報をお伝えしていきます






今回は多くの人が悩んでいるはずのお悩み!




そう。白髪についてです。何故白髪になるのか?についてを6つの原因から紹介していきます




そもそも、 日本人の髪の色はなぜ黒いの?

本来メラニン色素の混合バランスにより、髪の毛の色はブラック、ブラウン、グレー、ホワイトなど 様々な色を作り出すことができます




メラニン色素は、

黒色のメラニン [ユーメラニン]と黄色メラニン [フェオメラニン]

の2種類があります


多くの日本人にとって、髪の毛には[ユーメラニン]がたくさん含まれています。その結果➡髪の色素が暗くなる➡黒髪の出来上がり!

一方、たくさんの方が憧れている欧米人の場合、元々[フェオメラニン]の含有量が多く、髪の色素が薄くなっている為に、生まれた瞬間から金髪の出来上がり!





なぜ白髪になるの?

・メラノサイト(髪の色を作る場所)が消えるか、

・チロシナーゼ(黒髪の元となる)が働かなくなり、


髪の色が消えて無色になるということが原因です



それでは、メラノサイトとチロシナーゼの減少につながる可能性のある要因を6つ見てみましょう。





・遺伝


「 親が白髪ですが、やはり、白髪になりますか?」という質問がよくあります


結論なります!! 医学では解明されていないと言われていますが、遺伝による影響は非常に強いと思います。

色の継承と髪の質(硬い髪や、柔らかい髪など)は遺伝の影響は大きいです


・エイジング(加齢)


お肌もターンオーバーも年齢と共に遅くなるのと同じで、


髪の毛も年齢とともに、チロシナーゼは体から減少します。メラノサイトの機能も機能しにくくなります。 これが主な理由であり、正常に動作していても、正常に動作していなくても白髪が出てきます。


・病気や副作用


胃腸疾患、甲状腺の異常、貧血などの特定の疾患は、白髪を増加させる可能性あり!!



薬の副作用によっては白髪を引き起こす可能性があります

このような状況はまれですが、短期的に白髪が増加した場合はかかりつけ医に相談しましょう。



・栄養不足


好き嫌いがたくさんあります! という方、ダイエットの為に体重を減らしたいです!という方

極端な食事は、栄養バランスを崩し、白髪を引き起こす可能性があります

SNSなどで、ダイエットに良い!と聞くと繰り返し食べてる方もいるかと思いますが栄養バランスには注意を払って生活しましょう ビタミン、ミネラル、高品質のタンパク質が不十分になると弱体化してしまい、内臓、血流の低下を起こし、白髪につながる可能性があります。



・ストレス、心理的問題


ストレスは髪に大きな影響を与えると言われています。 ストレスによって引き起こされる自律神経障害が主な理由の一つです

成長ホルモンの減少+血液循環の低下+代謝の減少は、メラノサイトの機能を遅くし、毛細血管を収縮させ、それによって毛間質細胞の機能を弱めます。

真ん中は白いけど、根元の髪が黒い髪、、みたことありませんか?

あれはストレスや環境の変化で一時的にでも髪にストレス反応が起こってる状態です



・喫煙


喫煙と白髪は関係性大!!! 喫煙者は、非喫煙者よりも若いときに白髪になる可能性が4倍高いことが研究によって判明しています

また、喫煙は栄養素の吸収の問題や血流への影響を引き起こします



まだまだ、白髪に関する多くの見解はよく理解されていません。


ですが、遺伝以外の現象はきちんと対策を行う事で改善することができると言えます

これらの要素の中で思い当たる事があれば改善してみてはいかがでしょうか?







インスタもやってますので、お悩みがあれば気軽にご相談ください!!

Comments


bottom of page