top of page

ワカメを食べると髪が伸びるは嘘!?美髪を作るには◯◯を食べろ/カリスマhiroの『美髪塾』#5

こんにちは。agelessのhiroです!

毎週金曜日に皆様の髪のお悩みやお得情報をお伝えしていきます。







生活習慣の話から延長して今回のテーマは美髪になるための食べ物編

先日もお話ししましたが生活習慣は美髪を作るためには欠かせません。その中にも食生活の改善は健康にも大きく左右されますのでおすすめの食べ物をご紹介します



タイトル回収しますが

「ワカメを食べると髪が伸びる」は結論、嘘です(厳密には海藻類も髪にはとても良い食べ物なので意味はあります)


毛髪の約95%は、18種類ものアミノ酸が結合してできている「ケラチン」というタンパク質からできています。ワカメやコンブにはアミノ酸は少量しか含まれていないため、海藻類を摂取するだけでは、髪の健康は維持できません




美髪に必要な栄養成分


■良質なタンパク質

髪の毛をはじめとする細胞のもととなる重要な材料となるのがタンパク質。意識しないと忙しい毎日では糖質に偏りがちなので、たんぱく質は毎食欠かさずに摂るようにしましょう。たんぱく質食品でも脂質の多い部位(バラ肉等)、揚げ物は避けること



■ビタミンB6を多く含むもの

イワシ、マグロ、サバなどの青魚などが代表的ですがビタミンB群は皮膚などの代謝にかかわり、健康な頭皮を保つためにも大切なビタミンです。とくに脂質に偏った食事を多く摂る人は、頭皮をはじめ肌トラブルを起こしがちですよね?脂質の代謝にも関係するビタミンB2をはじめとする代謝ビタミンは必須です!



■亜鉛などのミネラル

新陳代謝にも重要なミネラル。栄養バランスの良い食事をとっている人は問題ありませんが、栄養バランスも悪く、加工食品を多くとる人は亜鉛が不足しがち。

亜鉛は皮膚の形成に関係するミネラルで、タンパク質の合成に関係しています。抜け毛予防や、肌、頭皮のためも◎



■ビタミンAやビタミンEなどの抗酸化ビタミンやポリフェノール

頭皮をはじめとする皮膚の健康を保つためにもビタミンAが必要です。また、老化の原因となる活性酸素から肌や体を守るためにもビタミンA・C・E等の抗酸化ビタミンや抗酸化力の高いポリフェノールを摂ることも欠かせません。ビタミンAは緑黄色野菜(ニンジン、カボチャ、ホウレンソウなど)ビタミンEはオリーブオイル、コーン油、などの植物油、ナッツ類、ゴマ、玄米などがから摂取できます




おすすめの食材

まぐろ、鮭、鶏ささみ肉




たんぱく質とビタミンB6の両方が豊富。まぐろやささみは高タンパク質で低脂肪で有名ですよね?鮭は良質な脂質や抗酸化力の高いアスタキサンチンも含まれます。あじやサバなどの青魚も◎




大豆製品



ダイエット=大豆のイメージも強いですが、美髪にももちろん良質なタンパク質が取れるのでおすすめ。女性ホルモン用作用や抗酸化作用をもつ大豆イソフラボンが含まれるほか、大豆たんぱく質、ビタミン・ミネラルも豊富に含まれています





パプリカ


野菜の中でもおすすめなのがパプリカです。たんぱく質の代謝を助けるビタミンB6、抗酸化ビタミンであるビタミンCやビタミンEも豊富に含まれる。ビタミンC含有量はトップクラス!!





バナナ



バナナは果物の中でトップクラスのビタミンB6含有量。ストレス軽減などの研究報告もあるGABAも含まれるので栄養価も満点!朝バナナは本当におすすめです





牡蠣、豚レバー、牛赤身肉、



亜鉛が豊富な食材も欠かしてはなりません。不足しがちな栄養素なので美髪のためにも身体の健康のためにも積極的に摂取しましょう(過摂取も禁物!!)


健康的食生活は美髪を作るのに直結します。

始められる範囲からスタートしてみてはいかがでしょうか?






インスタもやってますので髪の毛で困ったことがあればお気軽にDMしてください!!


 



留言


bottom of page