top of page

10秒で激変!毎日のドライヤーのコツ教えます!/hiroの『美髪塾』#21

こんにちは!agelessのhiroです!

毎週髪の毛に関する情報を発信していきます!






本日はドライヤーの方法について。美容室で髪の毛を乾かだけでとサラサラになったイメージありませんか?そこで今回は美容師が行なっている簡単なコツをお伝えします!



・基本お風呂上がりは即タオルドライ&ドライヤー



濡れた状態の髪はとてもデリケートです。濡れた髪の状態でそのまま放置すると、髪のキューティクルを痛めてしまう原因になります。 髪の毛を乾かすのはめんどくさいですが、正しく早く乾かす!というのがサラサラ髪を作る基本です!




・素速くタオルドライで水気をふき取る




お風呂上がりはできるだけ早いタイミングでタオルドライをするのがポイントです。頭皮の水分からふき取り、次に髪全体の水分をやさしくふき取りましょう。ただ、タオルドライのやり方には注意しましょう!濡れた髪はキューティクルが開いていて摩擦に弱い状態なので、ゴシゴシこすらず、指の腹を使ってやさしく揉みこむ、髪をタオルで包んでポンポンと叩くように乾かしましょう



・強温風で髪の根元から乾かす



出来るだけ風量の多いドライヤーで、乾きにくい髪の根元から乾かして髪の毛先までかけていきます。このとき、髪が傷まないように10㎝以上離して乾かしてください。また、同じ個所に集中して風が当たらないようドライヤーのヘッドを振りながら均等に温風を当てるのがコツです。



・指で毛先までとかしながら乾かす



髪の毛が長いと根本を乾かす時に毛先がほつれることも多いはずです。根元を乾かしながらドライヤーを毛先に当てながら指も一緒に動かして毛先をとかしながら乾かしましょう




・髪の渇き際は、冷風に切り替えて仕上げる



髪全体の渇き際には、温風から冷風に切り替えて仕上げるのがポイントです。これが一番のポイントです!美容室では冷風を当てることで艶々の髪の毛に仕上げています。このとき、髪のキューティクルに沿ってあてることで、ツヤ感のある髪の毛に仕上げることができます。



ドライヤーは毎日使うものなので、少しのコツで綺麗な髪を作ることが可能です!

今日からやってみてください!!


インスタでも美容情報を発信しています。よかったらご覧ください!




Kommentare


bottom of page